TEL

上肢の症状(五十肩・肘痛・腱鞘炎)

 

【四十肩、五十肩】

四十肩や五十肩を早期解消したい方は、鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院にご相談ください

四十肩・五十肩とは、肩に原因不明の炎症が起こり、動かすと強い痛みが生じる症状です。この炎症の原因は未だはっきりとわかっておらず、病院で治療を受けても解消されないケースがたくさんあります。肩に強い痛みがある方は、ぜひ鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院にいらしてください。

四十肩・五十肩は、肩の関節包や腱、滑膜などの部位が断裂したり、変性することで起こるといわれています。肩の筋肉や腱が加齢とともに衰退し、そこに何らかの刺激が加わることで発症するのです。

痛みの強いときには、ご自身の判断で無理に動かしたりしないでください。筋肉や関節に対して適切な治療を施せば、早いうちにその症状を解消できるケースもございます。痛みのある今こそ、骨格や関節を熟知した鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院にご相談ください。

当院では患者さまからじっくりとお話を伺い、四十肩や五十肩に有効ないくつかの専門施術を組み合わせて行っていきます。

必要があれば運動療法を取り入れ、硬くなった肩周りの関節と筋肉を徐々にほぐしていきます。鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院は予約優先制の整骨院であり、広い駐車スペースも完備しております。お忙しい方もぜひ気軽にご連絡ください。

 

 

【腱鞘炎】

治りにくい腱鞘炎をしっかりと解消したい方は、鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院へお越しください

重たいものを持つことが多い方や、手先を使うお仕事をされている方などが発症しやすい腱鞘炎。手を使わずに生活するのは、不可能に近いことです。腱鞘炎を患われている間は、どなたもかなり不便な生活を強いられることでしょう。腱鞘炎は、全てのケースが病院で治せるというわけではありません。症状が消えずにお困りの方は、鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院へお越しください。

腱鞘炎で特に多いのは、親指側の手首が痛む「ドゥケルバン腱鞘炎」と、腱鞘炎の悪化によって指の曲げ伸ばしに支障が出る「ばね指」の症状です。このような状態に陥ると、病院の治療でも症状が解消されないことが多くなってきます。腱鞘炎が起こる際には必ず何らかの前触れがございますので、手先がだるかったり、痛みだした場合には、すぐに鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院へご相談ください。

当院では、患者さまの腱鞘炎のレベルに合わせて手技やテーピング療法、電気療法を組み合わせ、治療の経過に合わせてリハビリまで行っております。たとえ病院で治らなかった症状も、当院でより専門的な治療を行った結果解消されるケースがございます。鶴川・柿生・町田のあいのて整骨院・鍼灸院は予約優先制の整骨院ですので、余計な時間をお待たせすることなく治療をご提供しております。いつでも気兼ねなくご連絡ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒195-0055 東京都町田市三輪緑山4-14-4
駐車場7台あり
電話番号044-989-7808
予約予約制
休診日水曜・日曜・祝日